自己紹介

絵本作家保科琢音写真
絵本作家保科琢音

1983年、神奈川県生まれ。
横浜市の小・中・高を卒業。公立図書館に10年間勤める。
絵本作家の活動として、絵本や紙芝居の製作だけでなく、
「読絵ん会」という名の「読み笑わせ」を
子ども達やお父さん、お母さん達に行っている。

また、横浜市職員落語愛好会に所属し会長を務めている。
落語では「絵書家筆之輔」として、
漫才では「ワンダフルワンダ」として活動中。

目のおおきな妻とほっぺのやわらかい娘と、おもしろおかしな三人暮らし。