絵本作家保科琢音 絵本作家 保科琢音のホームページへようこそ!

NEW

『絵本作家としてやりたかった、夢のひとつ👅』

詳 細SHJ(スマイリングホスピタルジャパン)の活動として、初めての神奈川県立こども医療センターで、絵本と紙芝居の読 […]

SHJ(スマイリングホスピタルジャパン)の活動として、初めての神奈川県立こども医療センターで、絵本と紙芝居の読み笑わせ。

病気と一生懸命たたかっている子ども達が、ぼくの絵本と紙芝居で笑ってくれる。ただただ、それが嬉しくて幸せでした。

そして、たたかっている子ども達は病室の中だけじゃない。きょうだいじもみんな、家族と一緒に頑張っているんだよね。

親御さんや病院のスタッフさんも、一緒に笑ってくれてありがとうございました。これからもたくさんの笑顔があふれるように。

今、やれることはやれた。でも、絵本作家としてやれることはもっとある。来月にむけて、またシッカリ準備します。

スマイリングホスピタルジャパンの活動も、もっと知ってもらえるよう、だからこそ絵本作家 保科琢音として、もっと精進します。

絵本作家としてずっとずっとやりたかったこと。大袈裟に言えば夢がひとつ叶った日。そう感じることができた日。