絵本作家保科琢音 絵本作家 保科琢音のホームページへようこそ!

NEW

『🍀よつばな子(障害児)🍀と家族みんなを笑わせたい』

詳 細年齢も世代も立場も越えて、本当の本当の本当の意味で「みんな」を笑わせたい。ぼくはいつも、そればかりを考えていま […]

年齢も世代も立場も越えて、本当の本当の本当の意味で「みんな」を笑わせたい。ぼくはいつも、そればかりを考えています。だからぼくがイベントをするときは、あえて、「子ども向け」とか「大人向け」なんて言葉は、使ってきませんでした。ましてや「障害児のための」なんて、絶対に使いたくない言葉だった。でも、ぼくも障害児の父親だし、同じ子をもつ親御さん達ともたくさん接し、たくさんおしゃべりする中で、やっぱり「障害児とその家族」って言葉があると、少し安心もしたりするんだと気がつきました。だったら、あえてのあえて、その言葉を使ってイベントをしてみよう。いつも以上に考えて、いつも以上に準備して、そして腹をくくって「障害児とその家族を笑顔にする」イベントをやってみよう。そう決意しました。

テーマは『🍀よつばな子(障害児)と家族みんなで笑えるじかん🍀』

毎年夏に、ぼくが主催している「楽絵ん祭(がくえんさい)」ってイベントは今年で3年目。去年からは「ボンジュールカフェ」っていう、デイサービスをやっている場所を会場にさせてもらっています。だから、バギーや車イスでも入れます。開場から開演まで、時間に余裕をもっています。簡単な軽食も用意します。駐車場まで少しだけ距離があるので、会場前に一度車を停められる様にしています。とりあえず、今考えられる事と、準備出来る事はすべてします。もし何か要望や、アイデアがあれば教えてください。全力で応えられる様に努めます。

こんなぼくの決意に賛同してくれた、NPO法人ぎんがむらの望月さん。アコーディオン奏者の朝映さん。シンガーのメグさん。純ボの咲恵さん。本当にありがとうございます。こんな素敵でカッコイイ、美人4人に支えられ、絵本作家 保科琢音は、絵本と紙芝居、ライブペイントもやります。アコーディオンや歌と、コラボ紙芝居も創っています。絵本作家としても、出来る事はすべて出しきります。燃えつきます。

絵本作家 保科琢音 主催
NPO法人ぎんがむら協賛
『楽絵ん祭 2018』
in ボンジュールカフェ
🍀よつばな子(障害児)と家族みんなで笑えるじかん🍀

[会場]
8月4日 土曜日
[時間]
開場12:00 開演13:30 終演15:30
[入場料]
500円(未就学児無料)
[定員]
80名様(ご予約制)

[会場住所]
ボンジュールカフェ
〒240-0066
横浜市保土ヶ谷区釜台町15-16
デイサービスセンター・ボンジュール
相鉄線「和田町駅」徒歩12分

[バスご利用の場合]
上星川駅発(釜台経由 横浜西口行き
「釜台第3住宅」下車徒歩3分)

☆ご予約・お問い合わせ☆
TEL 045-331-0468
(NPO法人ぎんがむら迄)

年齢も世代も立場も越えて、本当の本当の本当の意味で「みんな」を笑わせたい。いつも、そればかりを考えている絵本作家 保科琢音に、是非、家族みんなで会いに来てください。