絵本作家保科琢音 絵本作家 保科琢音のホームページへようこそ!

NEW

『読み聞かせなんかじゃなく、読み笑わせだ👅』

詳 細絵本作家になる為に、仕事中に絵本がいっぱい読めるだろって理由だけで、ぼくは図書館で働く事にした。図書館で働いて […]

絵本作家になる為に、仕事中に絵本がいっぱい読めるだろって理由だけで、ぼくは図書館で働く事にした。図書館で働いていた間に児童担当として毎週おはなし会を開催してた。その頃から数えたら、子ども達の前で絵本を読んでいる数は尋常じゃない回数だ。その頃から感じてた事は「読み聞かせ」という言葉の、違和感。まぁ理由は色々とあるけど、自分は使いたくはない言葉。

という訳で、絵本作家 保科琢音の「読絵ん会」は絵本と紙芝居の『読み笑わせ』だ。みんなを笑わせるために絵本作家になったんだ。

絵本作家 保科琢音を呼んでください。どんな場所でも構いません。対象もありません。赤ちゃんも子どもも、お父さんお母さんも、おじいちゃんおばあちゃんも、障害をもっている人も、どんな年齢もどんな立場の人も、絵本作家 保科琢音が絵本と紙芝居で必ず笑わせます。

後に、『世界一有名な日本一の絵本作家』になる保科琢音を、どうぞよろしくお願い致します🎵